後発組でもライバルと戦わずにアフィリエイトで稼ぐ方法

アフィリエイトで稼ぐためのキーワード戦略とは?

アフィリエイトで稼ぐために必要なのは稼げるキーワードを探すんじゃなくて

 

この検索キーワードで情報を求めてる人はこういうことで困ってるはず

 

とかってのを予測してその人に価値のある情報を提供することが大事。

 

例えば、夏は脱毛系の案件が売れるからといって、サイトとかブログで脱毛系の商品の情報ばっかり書いても検索する人の役には立たない。

 

なんでかって、そういう情報は商品の公式サイトに書いてあるから。

 

じゃあ、どうやったらその人に価値を提供できる?

 

それは検索キーワードからその人の悩みを推測することやな。

 

「背中の脱毛 方法」

 

で検索する人がいたら

 

その人は背中の毛が気になるけど露出度の低い服で隠していたけど蒸れて汗疹ができてしまった

 

とかいう状況を想像したりするとかね。。

 

そういう人にとっては公式サイトからはそれに特化した詳しい情報が拾えないことがある。

 

そこで、汗疹ができた時の改善方法っていうサイトとか記事を作れば、本当に欲しい情報を提供できるということ。

 

それは公式サイトには載ってない情報だといい!

 

検索する人の気持ちを考えることで

 

「自分が提供できる情報はどんな人にとって価値を提供できるのか?」

 

ってのを考えることができるようになる。

 

アフィリエイトで稼ぐにはこの視点がむっちゃ大事ね。

 

稼ぐってのは結果論で、本当は自分が持ってる情報で人に価値を与えるっていうプロセスを経たから稼げたということ。

 

このプロセスなしでは稼ごうと思っても稼げないね。

 

だからこそ、自分が持ってる情報はどんな人に価値を与えられるか?という意識を持とう!

 

ここで言う「どんな人」ってのは検索ワードで検索した人ね。

 

検索ワードからその人の気持ちを予測して、あとはその人にとって価値のある情報を提供できれば自然と稼げるようになる。

 

そして、もう一つ大事なことは

 

テーマが広い検索キーワードを入力した人は相手にしない

 

ということ。

 

例えば

 

「観光」

 

って検索ワードで検索した人の気持ちは予測しにくい。

 

どこに行きたいのかもわからんし、47都道府県、もしかしたら海外かも知れない。

 

検索キーワードのテーマが広いとその人の悩みを推測するのが難しいねん。

 

どういう情報を提供したら価値を感じてもらえるかわからへんから、アフィリエイトでは広いテーマよりも狭いテーマの方が悩みを推測しやすいし、どんな情報を提供すればいいかわかりやすい。

 

また、狭いテーマの方がSEO対策をしなくても比較的上位表示しやすく、ライバルが少ないから安定的に稼げるようになる。

 

つまり、長期的に安定して稼ぎたい人にとってはどんなキーワードを見つけて、どんな情報を提供するかがかなり重要になるってことや!